研究講座とイベント

  • 2020/05/15
  • 月例研究会
  •  

 

第275回月例研究会【終了しました。会員限定配信】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

(講師より講演要旨) 
 企業結合審査の最新動向
 西村あさひ法律事務所 弁護士 川合弘造氏

 現在、日本内外で、多くのM&Aが行われているが、そこでは、各国競争当局による企業結合審査でクリアランスを得ることが、停止条件とされていることが一般的である。
 しかし、取引実行日が決められ限られた時間の中で、限られた予算、スタッフという制約の下、世界各国の競争当局の企業結合審査を迅速に完了させることは必ずしも容易なことではない。
 加えて、売り手有利なM&Aが増加する中で、期限内にM&Aを完了させることを確保するためのメカニズムがM&Aの契約に盛り込まれる例が日本でも増加している。
 更に、各国当局による企業結合の審査実態も高度化・複雑化するようになっており、これに対応するために、早期に問題点を発見し、当局への説明方針、場合によっては問題解消措置の検討が必要になる。こうした対応を誤ると、審査が長期化し、予定通りにM&A取引が完了しないことにもなりかねない。
 本講演では、こうした企業結合審査の現場で何が起きているのか、近時の企業結合審査実務や最近の企業結合ガイドラインの改正内容、地方金融機関や地方のバス会社を対象とする特別法の内容にも言及し、M&A取引を検討している企業が直面するであろう課題を検討する。
日時と演題2020.5.15(金)13:30~15:30『企業結合審査の最新動向』
講師西村あさひ法律事務所 弁護士 川合 弘造氏

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る