研究講座とイベント

  • 2019/10/11
  • 月例研究会
  •  

 

第271回月例研究会【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

(講師・長澤哲也氏より当日講演概要)
独禁法違反に関わる民事訴訟の動きと実務
~優越的地位濫用・下請法違反を中心に~

  独禁法違反に関わる民事訴訟は,我が国ではそれほど活発な状況にはありませんが,近時,優越的地位の濫用ないし下請法違反に関し,同一当事者間での2つの関連紛争事件につき同一裁判体による結論を異にした興味深い裁判例が出てきております。優越的地位の濫用行為や下請法違反行為の私法上の効力については,民法上の公序良俗違反のうち暴利行為論の議論とも関連して,どのように理解するのか必ずしも明確ではありません。とりわけ,下請法違反については,優越的地位の濫用と同様に考えてよいのか,難しい問題があります。
  本講演では,上記裁判例を題材に,裁判所による思考過程を分析し,事業者間の行為の私法上の効力が否定されるのはどのような場合であるのか検討いたします。
日時と演題2019.10.11(金)13:30~15:30『独禁法違反に関わる民事訴訟の動きと実務』~優越的地位濫用・下請法違反を中心に~
講師大江橋法律事務所弁護士 長澤 哲也氏
場所航空会館901会議室(港区新橋1-18-1)

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る