研究講座とイベント

  • 2018/10/09
  • 月例研究会
  •  

 

第261回月例研究会【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

講師:大橋 弘氏より当日の講演概要

「AI時代におけるデータと競争政策~経済学の観点から~」
 最近「第四次産業革命」や「ソサイエティ5.0」という言葉がメディアを賑わせている。コンピュータ及び通信といった基幹技術の大きな進展によって、インターネットを介した様々なサービスが登場するようになっている。PCやスマホを介して様々な個人の行動履歴がデータとして捕捉・蓄積され、そうしたデータが分析・解析されることを通じて、新たなサービスも生み出されている。こうした技術の進展は、デジタル空間に留まらず、従来から商取引を行なう事業者にも影響を与えている。他方で、デジタル空間における商取引の中心が一部の海外に拠点を置く事業者のプラットフォームに集中している現状がある。
 こうした昨今の状況を踏まえ、求められる競争政策の新たな在り方について話題を提供することを目的にする。
日時とテーマ2018年10月9日(火)13:30~15:30『AI時代におけるデータと競争政策ー経済学の観点からー』
講師東京大学大学院経済学研究科教授 大橋 弘氏
場所航空会館B-101会議室(港区新橋1-18-1)

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る