研究講座とイベント

  • 2018/04/11
  • 月例研究会
  •  

 

第256回月例研究会【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

( 第256回月例研究会(2018.4.11)講師からの講演サマリー)

   『市場支配力と競争の実質的制限-統合型市場支配と閉鎖型市場支配』
  
                                                                  根岸 哲
 
    競争の実質的制限という要件は、私的独占、不当な取引制限、事業者団体の8条1号違反行為、企業結合の制限において定められている。かつて今村成和先生は、競争の実質的制限には、事業者が価格その他の取引条件を支配している場合、すなわち統合型市場支配と、事業者が市場の開放性を妨げている場合、すなわち閉鎖型市場支配との2つの型があると主張されていた。しかし、近年では、競争の実質的制限には統合型市場支配の1つの型しかないというのが一般的な理解となっている。今回の研究会では、独禁法の体系論と具体的な事件の理解を通じて、依然として今村先生の捉え方が正しいことを主張し、ご批判を受けることとしたい。

日時とテーマ2018年4月11日(水)『市場支配力と競争の実質的制限―統合型市場支配と閉鎖型市場支配―』
講師神戸大学名誉教授/ 甲南大学法科大学院教授/ 弁護士 根岸 哲氏
場所航空会館B-101会議室(港区新橋1-18-1)

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る