研究講座とイベント

  • 2011/11/10
  • その他のセミナー
  •  

 

“EU競争政策”シンポジウム 【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

開催日時:平成23年11月10日(木)13:00受付 13:30開会 17:00閉会
基調講演テーマ:『EU競争政策と日本への提言』
講演者:バーナード・E・アモリー氏(ブリュッセル弁護士)
パネリスト:バーナード・E・アモリー氏
アレキサンドレ・G・ベルヘイデン氏(ブリュッセル及びニューヨーク弁護士)
山根 裕子氏(帝京大学法学部 教授)
 田村 次朗氏(慶應義塾大学法学部 教授)
庄司 克宏氏(慶應義塾大学法科大学院 教授)
コーディネーター:松下 満雄氏(東京大学名誉教授・法学博士・弁護士)
会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京 B1F《ギャラクシー》

【講演内容】

日本・EU間の経済関係の包括的な強化・統合(EIA)という方向性にある中、このたび当協会は、日欧双方の企業が公正で公平な競争条件を確保し構築するという観点から、EU競争法、競争政策を問題提起し、メインテーマ『EU競争政策と日本への提言』と題し、シンポジウムを企画いたしました。
特にEUブリュッセルより2名の専門弁護士および日本側4名(コーディネーター含む)の論客をお迎えいたします。

【講演内容】
水平的協調行為、情報交換
域外適用、制裁金の算定、
欧州委員会と加盟国競争当局の関係
民事上の損害賠償請求、等

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂 2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る