研究講座とイベント

  • 2007/12/03
  • 企業情報防衛戦略研究部会
  •  

 

第8回 企業情報防衛戦略研究部会 【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

競争法研究協会企業情報防衛戦略研究部会では、第8回研究会を下記の通り開催いたします。今回は、弁護士・弁理士の水谷直樹先生より、「キャノンインクタンクリサイクル訴訟—最高裁判決について」の講義を頂きます。

ちょうど先週9日(金)に以下のような新聞報道がありました。
 『インクカートリッジのリサイクル販売は特許権侵害に当たるとして、キャノン㈱がリサイクル製品の販売禁止などを求めた訴訟の上告審判決が8日、最高裁第一小法廷であった。
 横尾和子裁判長は「特許製品を加工することで、新たな特許製品を製造したと認められる場合は特許権を侵害する」との初判断を示した上で、販売禁止などを命じた2審・知的高裁判決を支持、キャノン㈱の勝訴が確定した』(読売新聞;他日経新聞等も同様記事を掲載)
  第7回研究部会で、講師・水谷先生よりこの事件を取り上げて解説を賜りましたが、よいタイミングで最高裁判決が言い渡され、今回は、前回を踏まえてさらに深い研究がなされると存じます。
 皆様ご多忙のところと存じますが、是非ご出席下さいませ。
開催日:平成19年12月3日(月)
テーマ:『キャノンによるインクタンクリサイクル対策訴訟・最高裁判決を踏まえて』
講 師:水谷法律特許事務所 弁護士 水谷直樹氏
座 長:成蹊大学法科大学院教授 紋谷暢男氏
会 場:「海運クラブ」3F(千代田区平河町2−6−4 海運ビル)
(地下鉄 有楽町線、半蔵門線、南北線、『永田町』4〜5番出口 3分)
 

プログラム

13:30〜14:00 「本日の講義概要について」
成蹊大学法科大学院教授 紋谷暢男氏 
14:00〜15:15 「キャノンによるインクタンクリサイクル対策訴訟・最高裁判決を踏まえて」
水谷法律特許事務所 弁護士 水谷直樹氏
[ 休憩 5分間 ]
15:20〜15:40 質疑応答 − 閉会

受 講 料

競争法研究協会 法人会員 : 無料(但し、2人目より3,000円)
同 個人会員 : 3,000円
一般 : 8,000円

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂 4-4-11-201
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る