研究講座とイベント

  • 2007/06/20
  • コラム
  •  

 

独占禁止法の基本問題に関する意見の説明

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

1. 事前聴聞手続の導入
(1)重大な行政処分(排除措置命令及び課徴金納付命令)をする場合に、被処分者の手続上の権利保護(防御権)を行政処分の前に図る必要があるが、現行の事前意見提出制度(49条5項)は防御権として不十分であり、これを事前聴聞手続に変更する必要がある。

 

 

ページトップへ戻る